トップ  > 遺産分割協議とは

  「人生の基盤である家庭の安心」を届けたい!毎月無料相談会を開催中! 
    10月の無料相談会開催のお知らせ

行政書士による相続・遺言無料相談会      

こんなお悩みを抱えていませんか?
◎相続人が遠方に多くいる場合の手続きは・・?
◎お世話になった人へ遺言を残したい・・・。
◎協議離婚を円満にするにはどうしたらよい・・?

◆10月19日(木)長与町民文化ホール 会議室(西彼杵郡長与町吉無田郷73番地1)
       ①13時30分~  ②14時30分~ ③15時30分~  
◆10月27日(金)プラザおおむら 楽屋A(大村市本町326番地1)
       ①13時30分~  ②14時30分~
※両日とも完全個別相談のため、事前予約をお願いします。
☆参加特典:希望者全員に、「離婚のための準備ブック」・「相続手続き(遺言書作成)の手引き」をプレゼント!!

 

遺産分割協議とは


1.共同相続と遺産分割
 
ある方が亡くなり、法定相続人が複数いる場合、共同して財産(債務も含む)を相続します。共同相続人は、遺言で禁じられた場合を除き、相続開始後いつでも、その協議で遺産の分割をすることができます。
 有効な遺産分割協議となるためには、相続人全員の合意が必要です。一人でも反対者がいる場合は、有効な協議分割ができないため、さらに協議を継続したり、合意見込みがなければ、遺産分割の調停や審判の検討をすることになります。


2.遺産分割の当事者
 相続放棄の意思を家庭裁判所へ申し出た人は、最初から相続人とならなかったものとみなされるので、遺産分割協議の当事者となりません。
 また、例えば夫が亡くなり、相続人である妻が妊娠中で胎児がいた場合、この胎児も被相続人(父親)の相続人となります。この場合は死産の可能性もあることから、出産を待って出生した子のための特別代理人を選任してから遺産分割協議をします。
 さらに、判断能力のない相続人行方不明の相続人がいる場合など、その所定の手当てをして遺産分割協議をする必要があります。


3.遺産分割の内容
 遺産分割の方法には現物分割換価分割代償分割などいくつかの方法があります。例えば自営業者などの営業用財産などがある場合、事業承継者が営業用財産のほとんどを相続し、代わりに代償金を他の相続人へ支払うケースなどがあります。
 また、いわゆる法定相続分は協議における一定の指針を示すとともに、裁判規範としての役割があります。しかし、当事者の合意内容は、必ずしもこの法定相続分と一致する必要はありません。


4.遺産分割の効果
 遺産分割の効果は、相続開始の時にさかのぼって効力を生じます。よって、遺産分割は協議成立の時に分割されるのではなく、相続開始の時にさかのぼって分割されたことになります。

5.遺産分割協議書
 遺産分割の合意ができたときは、その合意内容を記載した「遺産分割協議書」を作成します。遺産の中に不動産預貯金が含まれる場合、その登記手続きや預貯金の解約、名義書き換えにおいて、この遺産分割協議書が遺産分割について合意が成立した証拠として重要な役割を果たします。

行政書士 宮本秀樹

〒 856-0808

長崎県大村市黒丸町197番地5

TEL:0120-13-0949

FAX:0957-47-8399

相続のプロフェッショナル


地域支援(専門家派遣)

行政書士の活用方法



Facebook